〜沖縄本島〜



<行程>慶良間諸島でダイビング→ずぶ濡れ→宿


今日も波乱…文字通りの。


今日はダイビングに行った。ケラマ諸島。

朝から大雨と快晴の繰り返しで(沖縄の天気はどうなってんだ…)、海は大荒れ…。ハンパない波で、まさに波乱だったのです。

             

酔う人はもちろんいるし、深度10mまでのデジカメをそのまま水中に持っていって壊す人もいるし、荒波の中泳ぎだす人もいるし、山瀬まみみたいな声でなんかムカつく態度のインストラクター(たぶん1番偉い人)もいるし、重り(イカリ?)入れるときに突き指するインストラクターもいるし、日焼けの痛みにやられてる僕もいるし…。


ダイビングって大変な遊びですね。荒波に耐えて、重い器材を背負って、慣れない口呼吸と浮力調整をして…上手い人が羨ましい。無意識に海の中で停止できるようになりたいです。が、難しい。

あぁ、カメラレンタルしたかったな・・・。

3本潜って、

 


1本目はひたすらサンゴとクマノミばっか…。ライセンスとったとこ(透明度6m)と比べたら25mとか30mとかあるからすんごい良いんだけど、もっと様々な魚が見られると思ってたからなぁ。
まぁ、ライセンスとってからの初潜りだったんだからそんな欲張ってはいけないか。インストラクターについてくので精いっぱいっていう。

あとから知ったけど、このポイントはカメパラといって、カメに遭遇する確率が高いらしい。特別に海が荒れてない限りいるんだとか。…いなかった。

2本目は場所を変えてダイブ。今度はいろいろいた。大きいのや小さいのや、もちろんサンゴやクマノミや。
マンタかヘビかよくわからないやつの皮みたいなんが浮いてたりも。
岩の間に入っていって、サメも見に行った。そんな大きい奴ではなかったけど。サメとの距離1mて。手を出すと噛まれるよって…。ちょい怖だったが、すごくよかった。
うっかりサンゴに触ってしまい、手に擦り傷がいっぱい…

長めの休憩ののち、3本目。ドリフトといって、船からダイブして戻ってくるのではなく、ダイブしたら行けるとこまで行って迎えに来てもらうやつをやった。
3本目ともなるとさすがに疲れるな…。水中での呼吸がつらい。もっとおもいっきり吸わせてーってなる。…なるってことは、まだまだ全然慣れてない証拠ですが。でも、なんか大きな魚とか見れたし、初ファンダイビングだったんだし、よかったってことにしとこう。


着替えて沖縄本島に戻るうちに服がずぶ濡れになって、いろいろどうでもよくなって…。海荒れすぎですよ。


揺れに耐えて、着いたら晴れてきて…今日はこんな日か…って。


そのあとの、片付けとか精算とか送迎の配備とかを呆然と待たされて、ずぶ濡れ状態でどうでもいいやって思ってたからまだストレス溜まらなくてよかったものの、今にして思えば、

なんてサービスの悪い業者だ。


と、いろいろな意味で疲れた一日でした。

虹が見られたのは、きっと空の神のお恵みでしょう。
 


帰ってきて、夕飯。またタコス。
   


そして、もうビール飲まなやってられんなぁと思って、沖縄でダントツ有名なオリオンビールってのと、島らっきょうを買いました。

宿に戻ると、管理人さんと、もう一人知らない人が。ちょうど二人ともビールを買ってきていて、乾杯。
どうやら台湾人で、いきさつは知らないけど、管理人さんと知り合いらしい。日本語もうまい。台湾行くから、ちょうどいいと思い、色々聞いてました。で、なんやかんやで、僕が台湾行く日に案内してくれることに。一人旅の初日にいきなり案内がいる=一人旅じゃないし、日本語ペラペラだったから、どうかなー…って思ったけど、せっかく友達になったんだしね。


ほかの宿泊者も集まってきてしばらく雑談してたけど、連日の疲れで最初にダウンしました。他の人たちはみんな昼夜逆転生活してるからなぁ…旅行の時はひどく遅寝早起きになる僕にはついていけない世界です。


台湾が楽しみになった。

 


 
1日目  2日目  4日目  5日目  6日目  7日目
 

  国内旅行記へ     HOME

 

inserted by FC2 system