〜宮古島〜



<行程>与那覇前浜→来間島→東平安名崎→丸吉食堂→戻る→宿→逃げる→徘徊→ジョイフル


朝6時半に起床。静か〜に準備をして、静か〜に出ていきます。みんな寝てたから。

宿の自転車を借りて、宮古島南部を一周しました。これがまたボロい自転車…。沖縄南部一周はマウンテンバイクだったけど、今回はほぼママチャリ。違うのはハンドルが曲がってないってだけで、変速ギアもない。…いろいろ覚悟して行きました。


カタツムリ!カメ!カニ!潰されたのも道端に多数・・・。
     

まずは宿から南に行ったところにある来間島に向かいました。…迷ったんですが。

     

地図もあるし、方位磁石も準備してたんですが、島の道にはあんまり表示がない…。だから、あとどれくらい行けば着くのかがわからない。道は合ってても、5km先って…坂道アップダウンもあるから走った時間から推測できなくて…もう少し行けば着くのに、不安になっちゃうんですよね。

でも最初だけ。慣れてしまえばわかるようになる。が、別の問題も発生するのさ…。

来間島に着いて、与那覇前浜撮ったりして、橋を往復しました。

     

全長約1600m。ちょっと先の竜宮城って書いてあった(廃れた)とこまで行ったから、開始1時間で疲れました。暗い雲はあるし…。

         

それからはだんだん晴れてきて、やがてカンカン照りに。三日前の日焼けに痛みが戻ってくる。さらに焼かれ、もう完全に火傷の痛みです…。すごい痛い…。

                 

でも2時間くらいこいで、途中の保良川ビーチとかにも寄ったりして、坂道アップダウンに苦しんで、出発から3時期で到着しました。
 

東平安名崎。そりゃもう絶景です。行く人は灯台に上って下さい。絶対です。じゃないと行った意味が8割減です。
           


ここで1時間くらいゆっくりして、黒糖かき氷を食べて、紫外線降り注ぐ道に再びこぎ出します。
   


少し行ったところにある吉野海岸。
 

車両禁止ってあるけど、自転車で行ったら何も言われなかったので大丈夫なのかなと思って、そのまま進んで行ったら…ものすごい坂が現れました。やばい、自転車では戻ってこれない勾配だ。と思いつつも、すぐ平坦になるさと高をくくって勢いよく走り下りていったが……めっちゃ長かった。どんどん崖の下へと下りていきます。戻ってこれなくなる!と思って、途中で引き返してきました。自転車引いて、歩いて戻る。坂の上の売店の兄ちゃん、なぜ教えてくれなかった…

     

さらにちょっと進むと、新たな問題発生。
後輪がカンカン言ってる。なんかおかしい。


空気が抜け始めていたのです。あぁ、やっぱりなったかと。
ゲストハウスに置いてある整備されてない自転車だもん。予想はしてた。どこかで空気を補充して、だましだまし帰ろうと考えてました。

しかし甘かった。

周りに家なんてない…。

とりあえず、空気が残ってるうちに探さないと、と頑張って走ってた。
不幸中の幸いだったのが、パンクしたのが後輪だったこと。もし前輪だったら舵とれないからもはやうまく進めなくなるが、後輪なのである程度は脚力でカバーできるのです。疲労上等。

と、自転車漕いでいるおばあちゃんを発見!ついていけば空気入れがあるはず!

おばあちゃんが着いた先は自分の家ではなかったようだけど、そこにも自転車と空気入れはありました。マンタンにして。これでどれだけもつのか……


案の定、数kmで再びカンカン言い出した。……だましだまし作戦は無謀だったか……。


でも、行程の6〜7割くらいは行ってたので、なんくるないさーと頑張ってこいでました。

 
信号。海岸線に一番近い道には信号が一つもなく、この日おそらく既に40kmは走っていたでしょうが、やっと信号に出会いました。たしか車にも数分に一回しか会わなかったな…。さすが、市街地から離れてるだけのことはある。


 
最後の目的地、「丸吉食堂」。宮古そばがおいしい店という口コミを見たので、じゃあ宮古そばはここで食べようと決めてました。
v 本日休業………。

不定休だったよね…なぜ今日……。


やる気がみるみる萎えて、後輪が重く感じました。

 

それでも帰らなきゃいけないので頑張ってこいで、やがて「宮古そば」と書かれた店を発見!今食べなきゃもう食べられないと思ったので、即入りました。が……

   


注文して待ってる間にふと携帯を見ていると、ANAから、本日のお客様の便は欠航になりました、とのメールが。


…………………


帰れないの?


台風が沖縄本島にいるそうです……。


すぐ電話して帰省便を変えてもらったけど、いろんなところに問題が。最悪だ……。

宮古島ステイが一日半も延びてしまい、どうしようと途方に暮れました。昼ご飯を食べながら。


で、とりあえず居心地悪かったゲストハウス南国屋は出て、市街地に行こうと。そしてどっかで寝て、明日は北の端を目指そうと考えました。今日、東西の端は行ったので。


で、食べ終わって店を出て、自転車を漕ぎ出すと…
後輪の空気が完全になくなってました。なんくるならなかったー…。

でも自転車と自分を宿に送り届けなければならないので、強引に走らせていきました。タイヤが一周するたびに空気入れるために出っ張ってる部分がカンッ!っていって、すごいうるさい。それに進まないし、足疲れるし…

カンカン言わせながらなんとか戻ってきました。疲れた…。安宿の自転車なんて、こんなもんだよね…。


宿を出て、空港に急ぐ必要がなくなったので送迎キャンセルして歩いて行ったら、結局10km以上歩いて足が痛くなりました。日焼けで腕痛くて、足も痛くなって。
明日大雨だったらどうしようもない…何もできないではないか。北端行けるのか…?晴れてたら、それはそれで腕痛いし…。

 

そんなこと考えながら、幸運にも見つかった一泊千円の個室(クーラーなしの扇風機のみ)に二泊することになりました。プラス二泊なんて、元々赤字が大赤字ですよ…。
 


ふて寝です。日焼け痛くてなかなか寝られませんが…



ふと、起きて時計を見ると、近くに………

ゴキブリ!!しかもデカイ!!そして色鮮やかで不気味!!
ペットボトルで叩いたけど避けられた…


まだいた!また違う種類!

…まだいた!!もう嫌だ…

アリみたいなすごい小さいのも無数にいるし、畳に布団敷いてるだけではいつ自分に近づいてくるかわかったもんじゃない…。一匹いたらあと30匹はいるって言うから、種類違うのが3×30匹……


もう怖くなって逃げ出しました。

道中で見かけた24時間営業のマックスバリューに行こう。そんでトイレにでも座って朝を待とう……と、けっこうな遠いとこまで真夜中に自転車漕いでいった。

深夜営業時間内はお手洗いは使用できません。


………退路がなくなった………。コンビニに居座るのは厳しいし、海岸は蚊の大群がいるし……


あてもなく徘徊して、途中突然の雨にも降られたりして、偶然にも24時間営業のジョイフルを発見!!神の御加護か…いや、とうに見捨てられてるか?
とにかくそこで、朝まで過ごしましたとさ。

 


 
1日目  2日目  3日目  4日目  6日目  7日目
 

  国内旅行記へ     HOME

 

inserted by FC2 system