〜プエルトイグアス 1/27〜



<行程>シウダデルエステ→プエルトイグアス→イグアスの滝(アルゼンチン側)→三国間国境→夕飯


5:30起床。酒の抜け率、6割5分。このままではあきません。


でも時間はないので、同部屋のスペイン語ができる日本人と一緒に宿を出ます。
 

6時過ぎ、バスに乗る。まずは国境の町シウダデルエステへ。

…7km地点で下ろされる。乗り換えるバスを探すのもめんどくさかった(酒のせいで気持ち悪いし)し、二人だったのでタクシー。スペイン語ができる人に全てを任せて、僕を国境まで連れてって〜。


国境!まだ7時!
     


シウダデルエステの町。活気ある。
しかし午後4時を過ぎると早々と店を閉め始め、6時にはガラーンとするらしい。夜には一気に治安が悪化するのだ。昼間は大丈夫みたいだけど。


出国スタンプをもらって、その人とはお別れ。その人はフォズドイグアス(ブラジル側の滝)、僕はブラジルに入国せずにプエルトイグアス(アルゼンチン側の滝)に行くため。物価がアルゼンチンのほうが少し安いので、そっちに宿とったほうがいいじゃない。

その人が、国境のとこにいたお姉さんにバスが来たら教えてくれって頼んでくれて、僕は待ったのです。バスを。ブラジルに入国せずにプエルトイグアスに行ってくれるバスを。


待てども来ず…国境のお姉さんが見逃しているのか、バスの運転手の寝坊なのかは知ったことではないが、結局乗ったのは8:40だった。

が、かえってよかったかも。その待ち時間でうとうとしたおかげで酒も抜けて体調万全!回復!


5ペソでバスに乗り、ブラジルの国境を素通りして、アルゼンチンの国境へ。パラグアイ人は、ブラジルは手続きなしでも入ったり出たりできるらしいが、アルゼンチンは無理らしい。
だから、アルゼンチン国境では止まって、スタンプ待ちをしてくれる。


アルゼンチンに再入国して、バスに再乗車。

   

そしてバスターミナルへ。10時くらいに着いた。

ターミナルで客引きに連れられて、なかなか遠い宿まで。暑さに荷物の重さも相まって、汗が噴き出るー!


 
遠いけどいい感じの宿です。おっちゃんがペンキ塗ってた。


荷物を置いたらイグアスの滝へ!

荷物なくても汗は噴き出すー…!


アルゼンチン側イグアスの滝。ターミナルからいっぱい出てるバスに乗って、緑の一本道を走る。僕は10:40のに乗ったかな。


 
着いたらチケット売り場が列んでたよ。時間帯のせいかな。


入場!


駅が三つあって、最初の駅から中間駅までは歩いていける。中間駅のとこには大きくわけて二つのウォーキングコースがあり、一番先の駅には悪魔ののどぶえへの道がある。

まずは、最初の駅から中間駅に行くショートカットウォーキングコース700mくらいを歩いた。
       


ハナグマ!
       


でっかい蟻!全長3cmくらいあった!本当に蟻?
 


で、すぐ中間駅に到着。悪魔ののどぶえの前にウォーキングコースを歩いた。


滝を上から見るコース(短め)と、下から見るコース(長め)を両方。

上から
       


下から
             


コンタクトつけてくるべきだったな…


真夏だからか、裸体続出!男性陣の4割は上半身裸!下が水着な人も2割ほど!
女性陣も2割は上半身ビキニ!ちびっこは全身ビキニ!

腹が出てたって関係ないんすね…。マッチョもいるけど、肥満体が多いよ…男女双方…。それでも、裸にビキニに…外国ですなぁ。


超汗かいて歩いた後は、列車に乗って、悪魔ののどぶえを拝みに行きます。
       


       


なんか白いもやが湧き上がってる。
   


さすが大迫力!
下が見えん!
       


虹もあった!変な場所に!見えにくいか。
 


滝の霧雨に降られながら堪能して、来た道を戻る。


でも、人がいっぱいいすぎてやだなぁ…。日本からのパック旅行らしき団体もいたし。


プエルトイグアスへのバスに乗ったのが2時半。ブラジル側も今日中に行けるんではないか、とほのかな期待をしたものの…

プエルトイグアスからブラジル側の滝に行く便は少ないみたいで、今日はもう無理だと。残念…。


ブラジル側は明日の朝から行くことにして、明日、そのあとにリオデジャネイロに行くためのバス探し。

やっぱり、た、高い…!!

残念ながら予想通り、一万円くらいする。が、一番安いのが明日満席!

しかたなく、予備日はないので、14000円!のを予約。うぅ、痛手…。


時間が余ってしまったので、せっかくだから三国間国境のT字な川へ行くことに。

国境なので、もちろん国の端っこ。遠い。


歩きます。


下り坂が中心なので、行きは楽だった…行きは。帰りはもちろん上り坂。


     
バスターミナルからけっこう歩いて、それでも1時間はかかってないと思うけど、国境到着!ちなみに、もっと近い道があったのを帰り道で知った。。。結局一周した形になって、よかったってことで。

   

意外と人いた。みんな物好きだなぁ。…車かバイクが多いけど。

土産屋も、食べるとこもあるみたい。シエスタ中だったかな?

若干曇り空になって暑さは和らいだものの、坂道きつい。マチュピチュの時の元気はなんだったんだろう…?あの時は異常だったな。


のそのそと、腹減ったーって言いながら、帰りました。


バスターミナル前の店に入って、MENUと長いこと睨めっこして、頼んだのはこれ。

 

ハンバーガーかよっ
でも、肉はめっちゃ美味しかった。パンはボロボロ崩れたけど…でも肉うまかったー。

もう一つ頼んだエンパナーダが来なくて、先に会計済ませて待っててもなかなか来なくて、聞いてみたら、「品切れ」って。

えぇー代金払って待ってたんですけどー!

って感じのジェスチャーしたら、しまった!って顔して…。

代金は返せないから、なんか代わりのもの頼んでくれって。えぇーもう、、、返してよー…

でも、ダメって…。

そしてこれになった。
 

商品名もわからず。まあまあな味だな。そこまで美味くも…気持ちの問題…?

スーパー寄ってから、ちょっと遠い宿まで戻る。


そういえば、これってなんなんだろう?
 

車が通る時、ここで減速して、ガッタンってなりながらよっこらしょって通る、コレ。スピードを出しすぎないようにするための措置?わからん。



宿の人は優しい人です。スペイン語ができない僕に、拙い英語でなんとか伝えようとしてくれる。すっごいいい人。今までは、丸っきりスペイン語のみか英語もペラペラのどちらかでしたから。
だから僕も、相手以上に拙いスペイン語を使い…ましたが、使えてたかどうか…(笑)


 
扇風機が壊れていようが、風が来れば良いのです。近づくのは危険だけども...。

4人部屋を独り占領ですから。もう既に二人いる部屋があって、クーラーあるけどそっちにする?とも言われたけど、一人がいいっす。

何度か扇風機の羽に触れて危ねっ!てなったけど、一人はいいさ。


ちょっと早めにおやすみなさい。暑いと体力消耗が激しいわ…旅中に体力衰えたか…??

 


 
パラグアイ2日目(全行程22日目)  ブラジル1日目(全行程24日目)
 
  海外旅行記へ     HOME

 

inserted by FC2 system