〜サーファーズパラダイス→ブリスベン 9/16〜



<行程>ジェットスキー→落船→凍える→海を見る→ブリスベン→ふて寝


夜のグレイハウンドバス出発時間まで特にすることもないので、せっかくゴールドコーストにいるんだからマリンスポーツをしようと。


そこで、ジェットスキーに挑戦!
 
全編英語なので最低限のサインだけ教えてもらって、スタートです。金髪父子と一緒に。


操作は簡単。レバーを押すと加速して、曲がるときにハンドルを左右に動かすだけ。簡単なのだが……


スピードを出すと、物凄い風圧が。瞬間最高130km/h出てたみたいです。=約36m/秒ですね。普通にでも100km/hは出てました。台風ですね。でも台風って、「瞬間」最大風速ですよね。これは常時風速ですから…。

バイクに乗ってる人は、高速道路なんかではこれくらいの風圧を受けているのだろうか?僕なら握力が尽きますな。


だから曲がろうとするたびに振り回されそうになり、思わず減速。そのうちにインストラクターと外人二人は先へ先へと…。速っ……待ってー……。


モンキーターンというマンガでジェットスキーのことが少し書いてあって一度やってみたかったのですが、日本では免許がいるらしいのです。でも、オーストラリアでは無免許でも自分で運転できるのです。そのマンガでは華奢な女の子が爽快に運転してたから、自分でも爽快に…と思ってたのですが…握力&腕力がもたん。足で踏ん張って支えるとも書いてあったので必死で実践したけど、脚力ももたん。
そして彼らはどんどん先を行く…。待って…。
でもスピードを出すと、波でものすんごいバウンドする。水ってこんなに硬かったんだ。モンキーターンの世界を初めて実感して嬉しかったけど、だんだん酔って気持ちが悪くなってくる…。

もう落ちてもいいや!と吹っ切れて、めっちゃ速度出してカーブしたら、案の定落ちた……。あぁ哀しや……。初春の水は冷たかった…。

自分ってこんなにひ弱だったんだなと打ちひしがれました……。握力を倍にしないといけないな……。


散々たる仕打ちを受けて、陸に上がって、ベンチで休憩…。

その後、これまた日本ではできない銃をやってみようと思ったけど、心身共に疲弊したので心折れ…。


しばらくビルの間を歩きまわってました。
ほんとうにビルばっか。作られた街という雰囲気が満載。


ちょっとだけ海を見に行ったり。みなさん、まだ暑いとはいえない気候でよく泳ぎますなぁ。
       


こちら、よくお世話になった店。ショーケースの中のを申告すると、いろいろサンドしてくれるのです。甘いものが多いこの国でちょっと辛味がほしい時によく行った。
 


宿でネットしたりして暇を潰して、バスに乗る。といっても、2時間弱の移動なんですが。



ブリスベンに着きました。たった12時間の滞在です。
ガイドブックで19ドル〜って書いてあった宿に行くと、それは週間割引の値段で、実際は26ドル。サギか!
でも、予約の電話をしていたのでキャンセルできず…ああ、7ドルが…12時間しか滞在しないのに…。


ふて腐れながら、周辺を出歩いた。
     


ゴールドコーストよりよっぽど雰囲気は好き。というか、観光地!と全面に出ている場所は、男一人旅には不向きなだけかもしれぬ。

ふて腐れてファーストフード(SUB WAY)を喰らって、シャワーを浴びてベットへ。

部屋では、ドイツ語とフランス語と英語が入り乱れて盛り上がってた。ふいに話しかけられて、
日本といえば何?こういう場所ってのは自分の国を紹介しないと。そうやって盛り上がっていくんだぜ。(なんとなくこんなことを言われたと思う。身振りと雰囲気で…)

なるほどと思って考えた末、マンガって知ってる?と言ったら、

知らない…

あぁ哀し。

今日は、海に落ちるし、宿は高いし、盛り上がれないし、哀しい日だ…。

 


 
オーストラリア10日目(サーファーズパラダイス)  オーストラリア12日目(ハービーベイ)
 

  海外旅行記へ     HOME

 

 

inserted by FC2 system