〜ケアンズ・キュランダ 9/21〜



<行程>ケアンズ着→キュランダ→ナイトマーケット→ぶちまけ事件


途中休憩も返上で、バスはガンガン走る。うーん、トイレ行きたいなぁ。


で、到着予定より10分早い午前6時20分にケアンズ到着。乗る時刻が遅かった分、睡眠不足だよ…。
   

宿泊予定のとこに行ってかばんを預けて、早朝の街を散策。もちろん、やってるのはコンビニくらいだが。

           

確かに、ケアンズは大きい街ではなかった。ホバートくらいの大きさか。行かないとわからない例えですみません…。


時間が来て、キュランダのツアーへ。ツアーといっても、片道送迎とスカイレール・列車の切符を渡されて、現地では自由行動というもの。こういうパターンが一番いいですね。

   
行きはスカイレールに乗る。途中下車可能な駅も二つあった。帰りの列車までたっぷり時間があったので、ゆーっくり観光。小雨が気になる…。

           

           

     

           

 

ずーっと森が続いている。ゴールドコーストでいくつかの種類の木を見て、んでキュランダでは熱帯雨林を見て、ちょぉぉっとは違いが分かった気がする。気が、する。


一時間半くらいか、ゆっくりスカイレール観光を終えて、町に着いた。この世界遺産観光用に作られたのかな?一本道に土産や飲食店があり、ほかは緑だけの何もない場所という印象でした。
まずはその一本道を、店を冷やかしながら進んだ。
             

アボリジニ伝統のやつ。けっこう肺活量が必要です。

端まで着いた。冷やかしまくったから一時間以上かかったけど、歩くだけなら5分くらいなのでは?それくらい小さい場所。


鳥の館(名前忘れた)にも行った。色とりどりで興奮!木の違いは難しいけど、鳥ならわかりやすいぞ!オーストラリアで興味深かったことのベスト5には入りますね、鳥さんたちは。肩に乗ってきたりもしたよ。
                       


それから、ウォーキングコースを数km歩いて、危険なギザギザ植物とかあって、
             


それでも時間余って、蝶の館にも行って、
               

蝶はせわしなさすぎて全然撮れん。鳥のほうが好きやなぁ。

それでも時間は余って、ぶらぶらぶらぶら…ゆーっくり行くとしても、4時間で十分すぎますね。ちょっと時間的余裕を取りすぎたな。


帰りは列車に乗って。窓側の席に座れました。
     


滝見て、
     


途中途中にもいろいろあって、
         


がっつきすぎだろ…
 


いつの間にか睡魔に負けていました。起きたころには山道ではなくなっていた。ケアンズに来るバスでもっと寝たかった…。
 


宿に戻って、夕御飯を買いに街へ。
       

で、帰ってきてシャワーでも浴びるかとかばんを開けたら………シャンプーが散らかっていた。ぁぁぁ…中の薬類や衣服たちが……。
しばらく戦っていました…。どうにか匂いが消えんものかと…。消えん…。部屋にシャワー&トイレ室は一つしかないけど、僕以外に誰も帰ってきてなくてよかった…。長いこと格闘してましたから。やはり日本の製品を持っていくべきだったか…?


そんな騒動で疲れました。明日はダイビングだから朝早いんだよな。寝ないと…と思ってたけど、結局零時ころまでいろいろしてて…。

旅に寝不足は付き物である。

 


 
オーストラリア15日目(ホワイトヘブンビーチ)  オーストラリア17日目(ケアンズ・グレートバリアリーフ)
 

  海外旅行記へ     HOME

 

 

inserted by FC2 system