〜タスマニア 9/10〜



<行程>とある海岸→ベイオブファイヤー→滝→展望ポイント→ロンセストン→落胆


東回り二日目。


昨日、一番の見所に行ったのでそこを超える感動はなかったけど。
この日行ったのは、ベイオブファイヤーってとこ。まぁ、簡単に言うと、キャンプファイヤーやるといいよっていう場所なんです。


昨日より時間的にもゆったりと巡ります。そもそも、東回りといっても、その出発地と到着地を直で行けばたぶん半日もかからず行けますから。いろいろ寄り道するから二日や三日のツアーになるだけで。

まずは名も知らぬ海岸。岩の間からブシューッて水が噴出す。
         



そういえばこの日、湖か池かに、山々がめっちゃ美しく映ったのを車内から見たのです。すぐ通り過ぎてしまって写真撮れなかったのがすごい悔しい。
   
これもバスから撮った映ってるやつだけど、もっときれいだった!水がすごく澄んでて、風もなくて、快晴でないと、あんなに綺麗なのは見られないからなぁ。元の景色が良いのももちろん必須事項だし。あぁ、悔しい。



ベイオブファイヤー。
                                         


岩場に登る。どんどん登る。もちろん、香港GuyとスペインGuyも(笑)てっぺんまでちゃんと行きました。
けっこう波もあった。でも昨日のほうがすごい轟音だったなぁ。でも、相変わらずきれいな砂浜で、犬の散歩する家族がいたりしてほほえましい。


ダラダラと過ごすこと1時間半…。あまりに暇で、フリスビーって。
 
おおらかだなぁ、オーストラリアンは。一番おおらかでない日本人と比べるからかな。


それから、いくつかルックアウトポイントを巡りまして。
             
とんでもない逆光でぜんぜんうまく撮れんかった。

犬と牛。顔が白い牛…。
   

   

何かの糞だらけの展望所。オーストラリアには糞だらけポイントが多い。
     

到着地はロンセストン。タスマニアではけっこうな大きな街だった。


宿の受付で、明日のクレイドルマウンテンのツアー申し込みを頼んだんだけど、、、
定員割れで開催されないと。

ノーーー………!!!


初の、予定外事件である。
曜日によってやるツアーがいろいろらしく、明日のクレイドルマウンテン日帰りツアーは定員割れしたやつと、300ドルもするバカ高いやつしかなかった。300ドルは……無理や……。
その300ドルのやつは、4人まで同じ値段で行けるツアーらしく、「このバックパッカーズで明日クレイドルマウンテン日帰りツアーに行きたい人を探したらいいんじゃない?」と言われた。
そんなフットワークと英語力を持ってたらやるんだけどねぇ…日本でならやってたかもねぇ…。
まだまだ力不足な僕である。
一緒にツアー回ってきた人は、もう六日間のツアーに行ってきた人か、これから西回りに行く人しかいなくて、つまりは既にクレイドルマウンテンに行ってきたか、これから行く人しかいなかった。


がっくり…。


タスマニアの世界遺産指定地域の目玉がクレイドルマウンテンだった(というか、行けるのはそこだけかも?いまいち範囲を把握できてない…。僕はタスマニアの世界遺産地域には結局行けてないのかもしれない…)ので、超ガックリ…。


これで明日やることがなくなってしまったので、ガイドさんに聞くと、歩いて30分くらいのとこにある渓谷がいいよ、あそこも素晴らしいと。

まぁ、宿にじっとしているなんてアホらしいことはしたくないし、個人でクレイドルマウンテンに行くにはレンタカーでもないと無理だし、渓谷に行くしかないなと、渋々決断。


でも、ガックリ。


同じ部屋の東回りツアーメンバーと最後にちょっとおしゃべりして(頑張った。)、


ふて寝。

 


 
オーストラリア4日目(タスマニアツアー)  オーストラリア6日目(カタラクト渓谷)
 

  海外旅行記へ     HOME

 

 

inserted by FC2 system