〜ウユニ 1/18〜



<行程>夜空→山とラグーンの繰り返し→キノコ岩?→宿


夜中1時、ごそごそと起き出して、外に出る。宿の電気は消えている。さぁこの状態で、星はどれくらい見えるかな??


 
はっ。扉を出てすぐに……何?なんか動物!寝てたけど…なんか怖っ。

さて、星は?

   

変わらないな。。。天の川はやっぱり見えないか……月明かり……


次の旅では、今度こそ、天の川を見る!!



朝は6時起き。この日は長距離を移動しました。


パンとスクランブルエッグの朝食で、7時ころ出発。


     
向こうのほうのいっぱいゴミみたいなのは、サボテン。もうサボテンばっか。


 
まず小さな町に寄る。今日物が買えるのはここだけです、水などの必要なものは買っておいてね、って。


ツアーだと、食料も水もあんまり要らないかも。朝昼夕食時に補給できるから。僕は2Lのをずっと持ってたけど、ほとんど飲まなかったなぁ。唇はどっちにしてもカサカサだけど。 そして、悪路の道を車で走る。悪路なだけでなく、車が走ることで砂嵐が巻き起こる。車の中の空気は砂の味。。。

ドライバー運転遅い?2台とも同じ場所を目指してて、先に出発することもあるのに、必ずあとに着く…。一面同じような景色なのに、前の車の轍と経験だけで進んでるのはすごいけど。 1台目に乗ってたら各滞在時間はもっと長かったのかなぁ?あ、でも、会話は2台目のほうが合ってるかな?


いくつか写真ポイントして、
           


                     

フラミンゴ!!見て、昼飯。
 


また1時間弱走っては、写真ポイントの繰り返し。

僕らの車のほうのドライバーはスペイン語しか話せなくて、僕を含めて5人中スペイン語がわかるのが2人で。。。ちなみに、スペイン語がわかる親子・オーストラリアンなカップル・僕。親子の母のほうが助手席に座ってて、ほとんどその人だけに話してる形になってた。そして僕は、荷物と一緒に一番後ろの席。窓が汚かったのは最悪だったけど、一人で座るってのは気楽でよかったよ。もっと車をきれいにしてくれ。

あぁ、いつの間にか日焼けしてら。首の後ろが…。


           

日本の曲を車内で流してみた。…そんなに評判はよくは…。どう聞こえるんだろ?ローマ字?曲中の英語歌詞はちゃんと英語で聞こえてるんだろうか?所詮カタカナ発音??

     


ラグーナ本田!?水がキラキラしてる。
             



         
ここは、最高標高の約4800M地点。でも、なんともなかった。

コルカキャニオンとクスコで高山病やっといてほんとによかった。一回やっときゃ耐性付くのかな? それと、超強風。ジャンプしたら5mくらい向こうに着地するんじゃねぇかっていうくらいの。山の天候ってやつ?山じゃないけど。いや、でっかく見たら山かな?ボリビアとペルーをまたいだでっかい山。無理あるか。



         



             


午後5時を過ぎて、悪路にはうんざりして、宿到着。本読めないし、携帯打てないし、字書けないし、窓汚いし…。


 
今度の宿も少しの間だけ充電できたけど、シャワーはなし。 外を歩いてみるも、超強風。そして、ラグーンもあまり見えず。

           


おとなしく宿にいた。 ティータイムして、夕食までの間、スペイン語圏5人と英語圏4人に別れて思い思いに過ごしてた。え、なんで僕が入ってないかって? ………会話についていけなかったから………。 スペイン語はハナから無理なので、英語圏の机にいたんだけど……聞きとれん。

トランプを始めてて、カナダカップルにオーストラリアカップルが説明をしてるんだけど……わからーん!

やってるの見てたらわかるかなと思って見てたけど、わからーん! 所詮ちょろっと第二言語でかじっただけですよ…。

ガイドの説明は聞けても、本場の流暢で崩した言葉の混じった英語は聞きとれませんよ…。 非力さにがっくり落ち込みながら部屋に戻って文庫本を読んでたら、間もなくして夕食。

     
ちゃんとしたパスタだった。今まで、スープの中にふやけきったパスタが入ってただけだったので、パスタが出てきた瞬間は不安に思ったけど、うまかったっす。


この日も星空チャレンジ! …したけど変わらんかった。むしろ、より満月に近づいている。

寝よう。明日はさらに早起きしないといけないから。

イタリア親子の母さんは、9時前に寝てた。63歳で旅してるなんて、タフだよ。尊敬するさ。親孝行してる息子も、尊敬さ。たぶん30歳くらいだろうな。

しかし、9時うたた寝じゃなく9時就寝っていつぶりだろうか(笑)

 


 
ボリビア2日目(全行程13日目)  ボリビア4日目(全行程15日目)
 
  海外旅行記へ     HOME

 

inserted by FC2 system