〜ベルリン 10/23〜



<行程>ブレーメン→落胆


5時過ぎて、やっと電車に乗れた!あったか〜い。

2時間きっちり睡眠をとって、元気いっぱい!ベルリンに到着しました。

   
空港みたいな駅。デカすぎるやろ。

一日乗車券を買って、まずはポツダムに行きます。

僕の持ってきてた地球の歩き方が4年前ので、料金も路線も様変わりしていて、大変でした。。。ちゃんとその年のを買うべきですね・・・借り物だから。で、苦労しつつも9時半くらいにサンスーシ宮殿ってとこに到着。
           

霜が・・・。
ベルサイユ宮殿の劣化版だと言ったら、、、双方に怒られるだろうか?宮殿ってのは似るものなのかな?隣の国だし。

 
お墓。

チョロチョロしただけで建物の中には入らず。というか、まだ開いてなかったし。
帰路はバスに乗らず、歩いてみました。

   
何かを修復中?

 
ブランデンブルク門(偽物)

   
などなど。

 
駅にてカレーソースのソーセージ(1ユーロ)。ケチャップに辛味の粉を混ぜたような味だった。

ベルリンに戻ってきて、ぷらぷら。ちゃっちゃか行きます!

   
広場。

   
なんかの聖堂

     
フンボルト大学(アインシュタインも卒業生!)

   
博物館の島・ペルガモン博物館

                   




   
マーケット?

   
ベルリン大聖堂やらタワーやら

   


ここまで、歩いて簡単に巡れる距離にある。
そんで、バスに乗ります。主な観光場所の近くを回ってくれるバスがあるのです。本数も多くて。


ここで気づいた。


鞄に入っていた200ユーロがない。


・・・スられた?







もー・・・落ち込んだ。バスの中で終始ぼーっとしていた。というか、これを書いてる今(当日深夜)でもまだ相当落ち込んでいますが・・・。

だって、200ユーロって・・・ありえん。


気力が回復するまでに時間がかかった。ってかもうベルリン二度と来るか。ドイツ相当嫌いになった。屁理屈でもなんでも、、、。ナチスや壁によってカスな精神の人間しかドイツには生き残らなかったんだろうかね?

でも、時間は勝手に経過していくし、まだ壁見てないし。でも・・・気力が出ない。・・・立てていた順路だけは消化するか。そしてもう二度と来ない。

消化経路。

 
戦争記念塔

 
本物のブランデンブルク門

   
国会(予約したら見学可)(古いガイドブックには予約なんて文字はなかった)

 
ベルリンの壁跡

     
ナチス記念館(これは墓なのか?碑なのか?)

 
ナチス博物館(外観撮影のみ。トリッキーな形してる)

         
壁博物館とベルリンの壁。

古いガイドブックには十字架がたくさん立てられている写真が載ってたんだけど、1年前かそこらに取り壊されたって。だからもう模型しかない。・・・探し歩いたのに!

これだけいっぱい書いてるけど、たいした距離は離れていない。バスや地下鉄も使えるし。・・・地下鉄の路線もまるで変わっていて、大変だったけど・・・。

19時くらいに消化完了。この時間なら今日中にグローニンゲンに帰れるのでは?と淡い期待をしてたけど(さっさと離れたかった)、やっぱり無理だった。気力を取り戻す間の時間分が余分だったんだよ・・・。

というわけで、またこの日も駅で夜を過ごす。ICEでハンブルグまで戻って(ICEってとても寝やすいね。さすが新幹線)、4時半くらいまでマクドナルドなどで待機。ハンブルグには寒さ緩和部屋もあるし。それだけ時間があったらハンブルクの飾り窓とか余裕で見に行けたけど・・・気力なし。なんか読む物が必要だったかな?・・・いや、この日は気力ゼロ。

睡眠→日記→睡眠→乗り換え→・・・グローニンゲン着8:30。

あぁ、大学行ってきます。

 


 
ブレーメンとリューベック    
 
  海外旅行記へ     HOME

 

inserted by FC2 system