〜プーノ 1/14〜



<行程>クスコ→プーノ


朝7時からバスに乗って、観光しながらプーノに向かう。


年齢層が高いなぁ………
若いバックパッカーは観光付きなんて選択しないってことやな。
僕は、友達が観光付きで行ったって聞いたから、選択しました。


昨日一昨日のがビキビキとキて、尻から脚全体にかけて、筋肉痛…。今日のスピードはおじいちゃんです。


ちなみにこの日の写真、バスの中から撮ったものは少しセピアっぽく、黄色っぽくなっています。バスの窓が黄色だったから。
 


まずは、なにやら教会へ。別料金で入るか聞かれたけど、興味なかったので外でひなたぼっこしてた。
       

あったけー。

昨日は雨に打たれて、裸にジャージで寒かった(特にマチュピチュからクスコに帰ってきたら標高が1000Mくらい上がるので、一気に冷える)ので、暖かいのが気持ちいい。本日ヒートテック着用です。昼間は絶対要らないが。


   


ひなたぼっこの次は、ラクチ遺跡という所。遺跡には興味があるので入りました。

   


         


おぉー。
ほんとペルーは遺跡がいっぱいあるなぁ。

めしもうまいし、あとは空気と人間がもっとよかったらいいんだけど。いや、思ったより悪い人は少ないよ。まだ無事だし。ただやっぱ、路上で汚い恰好で三編みして物売りしてるのは、ねぇ。移住とかなると、嫌かもねぇ。


昨日同様、チュンチュンと鳥の鳴き声が心地よい。ぽかぽか陽気で。

   
のどかー。
この場所にこれ以外の言葉の何を当てはめたらいいのか、僕には思い付かないですね。

晴れてるっていいなぁー。


次は、よくわからないけど、こんな所。
   


   
めちゃ可愛いこの小動物は何者!??


どんどん行きます。
昼飯!
   


腹いっっぱい食った。このために、朝はビスケット4枚(笑)
でも、知らずに飲んだインカコーラで3ソル取られた。別料金かよ………どこにも書いてなかったのに………外国はドリンクは別料金だよな………ペルーでそんな親切表示があるわけないよな………


満腹で寝てたら着いたお次は……山。ラ・ラヤ峠というらしい。
いや、アレキパ以来ずっと山には囲まれっぱなしだけどね。ちょいっと雪がかぶったやつが見えるってだけです…かね。雪はコルカキャニオンで見たけどな。
   

でも、ここは標高約4000M。高山病の症状は出なかった。よかった。


…森林限界って、いくつなんだろう?富士山では、2800Mくらいからは植物なくなったぞ?

でも、4000Mから見た山にも、緑が生い茂っている。…なんで??緯度の違いか??

雲も上にあるしな。富士山登った時は雲を見下ろしたから。
よく標高の高い場所に行くと雲が近いと言うけど、実際どうなんだろ?距離的には……どうなんだろ??



疑問は深まる中、次はプカラ遺跡という所。ミュージアムだけど。


       


どこも同じに見える?まあまあ…。いいじゃないの。
歴史や経緯や用途を知りたい?まあまあ…。もとより、ガイドの説明を聞く気はほぼない(笑)
説明を英語で聞くと、体力使うんだよねぇ…日本語でもまぁまぁ使うからねぇ…。
僕は、モノが見られたらそれでいいのです。これが何だあれが何だとか、あんま気にしない。歴史は苦手だったし。より深く知ればより面白みが増すのはわかるけど、そんなに追求しない(笑)
見るだけで、満足しちゃうから。

だから例えば、昨日のマチュピチュも、これが神殿であれが王の椅子で…とか地球の歩き方には書いてあったけど、探したりはしなかった。「マチュピチュ」を見れただけで満足!



あとはプーノを目指すのみ。
途中フリアカという町を通った。けっこう大きな町。
そして、急坂の多い町という印象。


17時半、プーノ到着。思ってたより大きな街だ。チチカカ湖に面した街。


バックパッカー御用達の宿、マンコカパックインへ。その宿としては破格の20ソル。本当は15ソルもあるんだけど、なんか異臭がしてて今は閉鎖中だと。


     
めっちゃいい部屋やん。バス・トイレ付きのスリーベッドを独り占め。もちろんお湯出ます。日本人価格だってさ。ほんとは100ソル前後っぽい。
…ほかに客…ほぼ入ってないみたいね。採算大丈夫?


オーナーは日本語をかじってた。といっても、会話は……。いや、十分十分。自分だって、スペイン語そんなもんですから。

客引きのおばちゃんがとにかく親切でした。
僕は、プーノは一泊して通り過ぎるだけだなぁと思っていて、明日はラパスに移動して市内を回るか、と考えてたんだけど、チチカカ湖内のウロス島行ってからでもラパスに行けるという。せっかくだから行っとくかってことで、急遽明日の予定にウロス島が組み込まれた!15ソルだって。相場かな?

そのかわり、ラパス市内を巡る時間がなくなるが……夜、着いてからは危険だよなぁ……でも………

明日考えよう。


で、プーノの街を撮りたいから、いい場所教えて!って聞くと、pumaの丘がいいらしい。歩き方には載ってないけど、いくつも丘があるんかな。

片道20ソルって、高っ。

でも、行く場所を指で指されたら、反論できなかった。丘の上やもんな…


今日は祭りだから危ないし、ついてくわって、おばちゃんもついてきた。
ほんとに裏がなさそうで、いい人だった。タクシーも交渉して、往復で25ソルだって。タクシーの運ちゃんは30ソルって言ってたみたいだけど…もしかしておばちゃん、ポケットマネーから5ソルを!??
っていうくらい、いいおばちゃんでした。


 
pumaってこれ!??あのメーカーってスペイン語だったの??


     
ぎりぎり建物が判別できるかな?丘を下った時にはもう暗くなっていた。


カテドラル前でおばちゃんと別れ、街中をうろつく。かばんはお腹に。

     


 
確かに賑やかだね。


ペルーが最後ってことで、歩き方に載ってる「ペルー料理」を頂こうかと。

店の人がスープともう一品で10ソルだって言ってるスペイン語がわからず、ずっと単品くれと言っていた自分…。最後はメモ帳でわかり合えた。よかった。


   
トゥルチャ。魚の下には米!量多いわっ!
米…まずかった。古い米だなありゃ。ポテトもあんまり。でも魚はうまい!皮までうまいってことは、新鮮ってことか?揚げ焼きされてるみたい。香りがいい〜

最後に出てきたのは、
 


出た!葉っぱ直入のマテ茶!初!ティーパックなら初日から飲んでたけどねー。

飲んでみる。…ティーパックとたいして変わらないかな…ちょっと濃いかな?

葉っぱを食べてみる。味なし…。

あとは、ホテル帰って、明日の集合時間の9時まで、部屋でだらだら。日本でこんな部屋を20ソル=約600円だったら、デフレしすぎで国が壊れるな(笑)


でも、ペルーは安いと思って来たら、そこまででもなかった。現地人に成り切ったらまた違うだろうけど、旅する自体が金かかることなんだから、あまり期待しちゃだめなんだなぁ。


クスコビールはまあまあ。アレキパのがうまいな。


昨日できなかった洗い物をして、ベッド一つ目にバックパック、二つ目にサブバック、三つ目に自分を寝かせて、寝るー……脚痛いー……

ペルー旅の疲れが癒されるわぁ。

 


 
ペルー9日目  ペルー11日目
 
  海外旅行記へ     HOME

 

inserted by FC2 system