〜クスコ 1/11〜



<行程>クスコ→サクサイワマン→タンボマチャイ→ケンコー→夜のクスコ


頭痛と吐き気が来まして、ヒーヒー言いながら、揺れるバスの中で眠る。

朝8時、標高3399M、クスコに到着。


寒い!息白い!雨降ってる!頭痛い!旅は順調かな?

クスコに着いたときには吐き気はなくなってました。頭痛は若干…。


ひっそりとした石の道(雨だったから超滑りやすかった)日本人宿のペンション八幡に荷物を置いて、頭痛を抱えながら街中へ。
   




                   

華やかー…じゃないか?雨降ってるし。でも、昼前から晴れてきた。

     
有名な12角の石と、あまり有名じゃない14角の石。


 
MINI SHOP??MINI STOP??

標高3000M超えてるくせに、暑い!気候むちゃくちゃやな。


ふらふらしてたら、郊外まで来てしまった。もうちょっと方向音痴をなんとかしないと…。
 

頭痛いし、すぐ息上がるし、方向音痴だし、もーっ!!!て言いながら、とぼとぼ戻る。


リマでもお世話になったミッキーツアークスコ店で、午後のツアーとプーノ行きのバスを予約。明日のマチュピチュチケットも買えるか聞いたら、15分くらい歩いたとこでなら手数料取られずに買えるとのこと。場所を教えてもらって、向かいます。


……そうだ、方向音痴だった!!

すごい迷って、聞きまくって、親切なおばさまに引き連れられて、着いたぁ。


無事チケットを入手して、ちゃんとガイドブックで確認しながら戻る。あんまりガイドブックを見ながら歩きたくないけど…。


スーパー行って、土産屋を見て、午後は近郊を巡るツアーに参加した。



…時間になってもバスが来ない!南米遅れかと思って20分待ったけど、それでも来ない!

ミッキーツアーの日本人に訴えて、なんとか迎えを寄越してもらえました。こういう時日本人が対応してくれると楽だよねぇ。

オフィスにペルー人は二人いて、僕が訴えに行った時は日本人おばちゃんはスペイン語であるグループの相手をしてたんだけど、僕のは急を要するしグループの発券もしないといけないしでてんやわんや。おまけに僕のほうの連絡がつかないから、更にてんやわんや。

でも、無駄金にならなくてよかった。


カテドラルとかに入って、
               


流暢な英語の説明を聞いて(流暢だとあんま聞き取れない…)、郊外に出向きます。
歩いても片道2時間くらいで行けるんだけど、体力的にキツイなぁと思ってバスで。
…といっても、さっき間違って郊外に行ってしまった時、この入口まで来てたんだけどね…。



サクサイワマン
                   


 
これは・・・

 
ブラジルのパクリか!?



タンボマチャイ
       


   


プカプカラ(入らず)
 


ケンコー
            ミイラを安置した石だとか。


   


感想。絶対に行くべき!ではないけど、行ってもいいかなという感じ。ペルーにはこんな感じの遺跡いっぱいあるからね。マチュピチュとか。


最後にガイドの薦めで、ベビーアルパカとかビクーニャを騙しなく扱ってる店に連れてかれた。買う気ないんだけどなー…

ずーっと、すごい気持ちいいベビーアルパカのマットをさわってモフモフしてました。


そして、広場に戻ってきました。夜はめっちゃきれい!

       


きらびやか〜。クスコも世界遺産の街だからね。


スーパー行ったりなんだかんだしてから宿に戻る。日本人いっぱいいたー(日本人宿だから当たり前)。


リマで会った人もいたし、座談場所みたいなとこで話してた。というか、聞いてた。世界一周旅行者の話にはついていけないですからー…。


いいなぁ、カンボジアからインドからエジプト、モロッコ、北欧…

立教四年で、一通り卒業の手続きとか済ませて南米一ヶ月の旅に来ました!とかって人も。観光学科…だったかな?その学科にはいっぱい旅してる人がいるんだって。



明日のマチュピチュの情報も仕入れて、床につく。久しぶりに早く寝るなぁ。

 


 
ペルー6日目  ペルー8日目
 
  海外旅行記へ     HOME

 

inserted by FC2 system